■こんな症状の方


  • ■その他


    ■ご予約・お問合わせ


    • お気軽にお問い合わせください。
    • ☎092-586-5006

    • 風の音整体院
    • 受付時間
    • 9:00-19:00(予約優先)
    • [月曜日定休]
    • (土日祝日開院)

    ■アクセス

    • 住所
      大野城市南ヶ丘1丁目2-5D号
    • 駐車場完備(2台)
    • 南が丘一丁目バス停が最寄です
  • ◾️最新のブログから

  • ◾️リンク

    高嶋整体院
    推拿整体かわもと
  • ◾️アーカイブ

  • カテゴリー:股関節の痛み / 肩の痛み / 腰の痛み / 膝の痛み / 自律神経 / 起立性調節障害 / 風のたより

    雨が降る前に膝が痛い
    雨が降る前に膝が痛い

    お客様:「天気予報を見なくても、雨が降るのか私はわかるんよ」

    私:「どうしてですか?」

    お客様:「この持病の膝がうづくからねー」

    このような会話聞いた事がありませんか?私は、病院勤めの時も介護分野での勤務の時も年に何回もこの会話をしていました。

    どうして、関節の痛みは、湿気が多い時に不調が起きやすいのでしょう。

    それは、気圧の変化にあります。低気圧になると痛みの原因であるヒスタミンの量が増え、気温・湿度の変化(環境)によるストレスで交感神経優位になる事で自律神経の乱れを生じます。なので、梅雨時期など頭痛、だるさ、耳鳴りなどの自律神経の乱れの症状を訴える方が多いのですね。

    ちなみにストレスは良くないと言います。ストレスは交感神経優位に働いた時間が長くなることで、その天秤の形が固定化されて調整しずらい状態に陥ってしまった状態と私は考えています。なので、前回お話ししたセロトニンを増やすことが、自律神経のバランスに大きく影響していく、つまりストレス(変化)に強い体作りができるということにつながると考えます。

    雨が降る前に膝が痛い

    自律神経を整えるって奥が深いですね〜。無意識な箇所を支配しているものを改善していく事は、実は痛い箇所を改善するよりとても大きな意味があると思います。

    大野城市 風の音整体院